読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tahoo!!

自分の勉強していること(コンピュータ関連 / ネットワーク / セキュリティ / サーバ)や趣味について書いていきます

Kali LinuxのWiresharkを1.8.5から1.10.2にアップデート

ネットワーク セキュリティ Kali Linux Linux

Kali LinuxにインストールしてあるWiresharkを1.8.5から1.10.2にアップデートした.

 

Wireshark 1.10.x系の方が,1.8.x系よりも個人的にUIが好きって言うのもあるがStatisticsにShow address reslution機能(DNSクエリのパケットからIPアドレスとドメインの関係を表示してくれる機能)がなかった気がするのでアップデート.

ちなみにseccampのCTFもこの機能使うと楽に解けた問題があったw

まあ,アップデートするのはそんな難しいことじゃないけど,最近ブログサボってたのと,エラーが起きたので一応w

とりあえず普通に,アップデートできないかと思って,コマンド実行するもののwiresharkは保留になってできない.

#apt-get update
#apt-get upgrade

 

 そこで,以下のように普通にインストールする際のコマンドを実行したところ普通にアップデートできたw

#apt-get install wireshark

それでアップデートして,Wireshark起動してみたところ,以下のエラーが…

Lua: Error during loading:
 [string "/usr/share/wireshark/init.lua"]:46: dofile has been disabled due to running
Wireshark as superuser. See http://wiki.wireshark.org/CaptureSetup/CapturePrivileges
for help in running Wireshark as an unprivileged user.

 このエラー解決しなくても動かせるけど,なんか気になる

 

一応調べてみたら,Lua script使わなければ問題なさそうでした

http://ask.wireshark.org/questions/17190/running-tshark-as-a-root-dofile-file-is-disabled-problem